お葬式の数珠

お葬式や法事の際に必ず必要になるのが数珠です。社会人になったら喪服と合わせて数珠の用意をします。最近では紳士服の衣料品店でも販売されているため、手軽に購入できますが、仏具としてはとても歴史があるものです。数珠はもともと念仏や題目を唱えた回数を把握するために作られました。菩提樹の実や水晶など、使われている素材の種類が違うだけでなく、宗派によって形もいくつかあります。最近では珠の数が少ないものもありますが、もともとは人間の煩悩の数に合わせて108個のものが基本でした。

お葬式に参列した際、数珠は必ず携帯するのがマナーです。持たずに参列するという人もいますが、相手へのお悔やみの気持ちを表すためのものでもあるため、持っておく方が故人への失礼にもなりません。

ただ、携帯する際にはきちんと正しいものを用意する必要があります。特に数珠には男性用と女性用とがあり、きちんと正しい性別のものを身につける必要があるため気をつけましょう。多くの場合、仏具店や衣料品店で店員さんに質問すれば自分の性別に合ったものを用意してもらえます。

数珠をお葬式に持参する際、裸で持ち歩くのではなく数珠ケースを用意するのが一般的です。数珠の保管にも便利であるため、数珠のケースも数珠と一緒に購入するようにしましょう。