お葬式の受付マナー

遺族の代わりともいえる大切な役割がお葬式の際の受付です。町内会の人や友人、会社の人たちが担当することが多く、誰もが任される可能性があります。弔問客や参列者を出迎え家族の代わりに対応をする人であるため、きちんと正しく行う必要があります。

受付を任されたらまずは身なりを正しく整えることが大切です。遺族の代理であるため、参列する方に不快感を与えないように、清潔感のある格好をすることはもちろんのこと、マナーを守って正しく喪服を着用する必要があります。

受付係の仕事としてはお葬式の流れ、会場の動線などを確認することから始まります。当日のタイムテーブルに応じて弔問客や参列者を待たせないように早めに受付に控えるようにし、事前に遺族や故人への挨拶は済ませておきます。芳名帳の記入もあるため、ペンも筆ペンやサインペンなど、いくつか用意をしておくことが必要です。葬儀社によっては貸し出しがあります。

弔問客や参列者がお悔やみの言葉を伝えるとともに香典を差し出してくるため、それを受け取り遺族の代わりにお礼を伝えるのが受付の役目です。本日はお忙しい中お越しくださりありがとうございます、というお礼を伝えるのはもちろんですが、香典を受け取る時にはきちんとお預かりします、と伝えることも大切です。