お葬式の香典マナー

お葬式で持参する香典袋は表書きの言葉が宗教によって違い、とても難しいです。仏式の場合は御香典や御榊料ですし、キリスト教式の場合には御花料やカトリック式での御ミサ料などがあります。お葬式の参列前にきちんと宗派を確認して正しいものを記載しなければいけません。

表書きは楷書で名前をフルネームで書きます。ただ、中には連名で香典を用意する場合があり、連盟の場合には通常3名くらいまでにするのが一般的です。それ以上になると名前を書ききれなくなってしまうため、クラス有志や営業部一同のように書き、全員の名前は別紙に記入をして香典袋に同封するようにします。

香典で難しいのはどのくらいの金額を包めばいいかということです。一般的に故人が勤務先の社員であれば3千円、友人や知人、会社の上司や同僚であれば5千円、親類は1万円程度が目安です。ただ、故人との関係や故人や包む人の社会的地位を考慮すると金額が変わる場合もあります。

御祝儀の場合には新札を用意しますが、香典では新札を入れると亡くなることを予期して準備していたようにとらえらえるため使わないのがマナーです。ただ、あまりにも汚いお札も相手にあまり良い印象がないため、ヨレヨレのお札ではなく新札やきれいめなお札を折ってから入れるようにします。