お葬式の服装

お葬式やお通夜の際、服装はとても気を遣うものです。一般的には喪服を用意しますが、必ずしも喪服である必要はありません。平服でも良いとされていることがあります。大切なのは故人への哀悼の意を伝えることです。

本来は喪服というのは遺族と近親者が喪に服していることを示すために身につけます。そのため、遺族でなければお葬式では喪服である必要はなく、平服でも良いとされています。そのため、一般の参列者は必ずしも喪服を着用しなければいけないということはないのです。急なお葬式で服装を用意することができなかったという場合には服装よりも気持ちを優先させて平服で参列しても問題ありません。

ただ、平服の場合には相手に失礼にならないように服装を選ぶことが必要になります。男性の場合には黒でなくても濃紺のような地味な色のスーツと黒のネクタイ、黒の靴を着用するのが一般的です。女性の場合には黒や濃紺などの地味な色味のスーツやワンピースに黒の靴を選ぶようにします。女性の場合、アクセサリーは身につけません。地域によっては地域性があり服装に独自のルールがある場合もあるため、可能であれば事前にお葬式の服装マナーについては確認しておく方が安心です。準備が間に合うならば喪服を用意した方が安心して参列できます。