お葬式の袱紗マナー

お葬式の香典で難しいのは表書きだけでなく袱紗のマナーもあります。香典はそのまま裸で持って行くと失礼にあたります。お葬式の際には袱紗に包んで持参することが礼儀です。ご祝儀袋を持参する際にも袱紗を用いますが、包み方が違うだけでなく、包む面も違うため注意をしましょう。

台付きの袱紗の場合には台の色が赤いものは慶事用です。慶事と弔事で兼用する場合には男性は藍色や青、女性はエンジ色を用います。兼用の場合には紫のものを用い、紫は慶弔事での兼用ができるため持っている人も多いです。

弔事の袱紗はひし形になるように角を上に広げて中央に香典袋を表向きにおいて畳んでいきます。右、下、上の順に畳んで最後に左側を折って端を裏側に回したら完成です。台付きの場合には爪を左側にして畳むようにします。畳み方がわからないという場合にはインターネット動画を参考にするとわかりやすいです。

香典を渡す際には受付で表を上にして袱紗を開きます。表書きの文字を相手側から読めるように向けて差し出すようにします。香典を持参するのはお通夜でもお葬式でもどちらでも問題ありません。ただ、両方に出席をするという場合にはお通夜で持参をするのが一般的です。